2007年07月

2007年07月22日

エゴ?エコ?

d7325a4e.jpg
今日は弘法さんでした。
天気予報がはずれてくれて、雨が降らなくてよかった。

それにしても、今日は売れませんでした・・
凹むぐらい暇でしたね。

赤字にはならなかったものの、読書する時間がたっぷりあって。

ここ数日、寝る時間も削って仕事していたので「休め」という事だったのかもしれませんね。
今日仕事してたら、どんなに生産できただろうか・・とも考えましたが。

今日読んだ本の中で「エコブーム」について書かれた部分で色々と考えさせられました。

「ブーム」っておかしいなぁ。

勝手に消費しまくって、裕福な生活にドップリはまって本当に地球の事を考えてるのか!?という人が(僕もだと思います)
ブログや雑誌やテレビやラジオで、垂れ流しの様に「そうなんですよねぇ、皆さん出来る事から始めましょう」なんて呼びかけてますよね。

本当に人に呼びかけるぐらいに問題意識を持っているのでしょうか?(僕も含めて)
僕もいくつかの「やっていきましょう項目」を実践していますが、結局体質的に譲れないと言いますか、出来てない事も多々あります。

例えば、33年間エアコンを使ってこなかった僕にとっては、少々の暑さなら扇風機で大丈夫です。
そんな僕の部屋にエアコン慣れした人が来ると、「暑っつ!」となるわけですよ。
あぁ、この人はこの暑さで部屋を冷やしてるんだなぁと感じます。

それが悪いとかではなくて、でもその人が車に乗ってないなら大きな車を乗り回してる僕なんかより二酸化炭素の排出は少ないでしょうし。

二酸化炭素排出の比率の話ではなくて、豊かな生活に慣れきった僕達でも何か出来る事があってそれをひとつでも皆がやれば・・って事は解ってます。

でも、自分の生活内で「出来る事しかやってない人」が声高々にエコ、エコと言ってるのに疑問を感じてしまうのは僕だけでしょうか?

難しく考えなくても、やりゃ~いいんよ。なのですが、

あまりにあちらコチラで容易に「エコ推進宣言」されていて、少し疑問も感じてきていた最近でした。

僕の友人・知人の中で、あの人の生き方は慎ましくて地球に優しそうだなって人から、環境問題について話をした事はあっても、「皆で手を組んでエコしましょうね」といった事を聞いた記憶がありません。

もちろん、そういう「呼び掛ける人」は必要だし、それが影響力のある人なら効果も絶大でしょう。

何が言いたいかと言いますと、色んな所で聞くエコ宣言に対して「ホントかよ~」と気持ち悪くなる事もあるのは、やはり自分の姿が映し出されてるんだなぁと思ったんです。

こういう迷いや葛藤は必要でしょうが、結局は「出来ないと思っていた事」を実践出来てこそ、対外的にも呼び掛けれるのでは?と思いました。

謙虚に考えれば、声を大にする前に色々思う事があるはずですものね。

だからこそ、まっさらの子供達には良い影響を与えたいなと思います。
その時に「自己満足の嘘つきな大人」になってしまわない様に、エコブームの側面を考える必要があるのでは?と思ったわけです。

側面の話をひとつ。
バイオエタノールを御存知ですか?
環境に優しいといわれてる新型燃料ですが、バイオエタノールの原料になるサトウキビを増産する為に、アマゾンの熱帯雨林の伐採が拡大しているとの事。
アマゾンの熱帯雨林は酸素を供給し続けてくれた恵みの地。

そんな熱帯雨林が先進国の唱える環境保護のために、環境破壊が進んでいるんです。

ブラジルでは先住民や農場主、伐採者、政府などが入り乱れての「土地戦争」がおこっているんです。
殺人だって普通にあるとの事。

自作農の人々が暗殺される事も珍しくないし、環境庁は汚職まみれの泥沼化。
豊かな生活の中でのエコ問題の裏側で人が殺されたりしてるなんて悲しくなってきます。

そんな事を知って考えさせられたのが、軽々しく口にするより出来ないと思っていた事を実践しないとなぁという事と、皆が慎ましく生きてきていたならばバイオエタノール製造の裏側で起こってる戦争だってなかっただろうなって事です。

at 01:16|Permalink

2007年07月21日

いづうさん

1f56d51b.jpg

こないだ箱書きをしてもらった桐箱に大皿を入れて、いづうさんまで納品に行ってきました。
僕が20代の頃、働かせてもらっていたお寿司屋さんです。

「祇園鯖寿司のいづう」といえば、皆さんも御存知ではないでしょうか?

僕が今まで働いた職場の中で一番アットホームで楽しく、本気で働いたお店です。
朝9時には入って夜11時までミッチリ働いてたなぁ~
休みも週イチしかなかったのですが、苦にならなかったです。

それだけ働いていると、さすがに板前さんともフレンドリーな関係になり、バイト仲間も増えて、現社長(当時、若旦那さん)にもかわいがっていただきました。

10年以上経った今でも皆さんと仲良くさせてもらってます。
(詳しくは、昨年の4/5のブログを見てください)

今年買っていただいた大皿は、刷毛目の尺皿です。
今年も大変気に入っていただけました。

昨年は実現しませんでしたが、今年は決定しました。
洛趣会での展示用の器を僕に作らせてくださる事に。。

毎年、洛趣会でいづうさんが使ってらっしゃる器といえば、
古伊万里や今右衛門さんなんです。

プレッシャーも感じますが、社長も若旦那さんも「マンネリ化してておもろないねん、新しい事して遊ぼ」と仰ってくださってるので、力を入れすぎずに自分の出来る事をしようと思います。

器の作者名も書き記されるので、恥をかかない様にがんばります。

あと、社長が「ニューヨークにもカイの皿を持って行って展示してもおもろいなぁ」と仰ってました。

どこへでも御供いたします!



そうそう、エピソードをひとつ。
先日、新撰組の話をしましたが、
昔、いづうさんで凄く古くて貴重な伝票を見せていただいた事があります。

僕も帳場に座っていた頃は書いていた和紙の手書き伝票なのですが、
その古い伝票にはこう書かれていました。

「さば一本 坂本龍馬様」

当時、新撰組が巡回していたルートを出前箱持って配達しながら、幕末にトリップしていた僕にとっては涙モノの一品でした。

「龍馬はんは掛けで買うてはったらしいよ」
鳥肌でした。

もうひとつ話しましょうか。
僕の大好きな松田優作さん。

実際に接客されてた社長から聞きました。
「優作さんはいつも店を仕舞うギリギリの時間にフラっとひとりで来はって、鯖買って行かはったんやで」

ゾクッとしましたね。

そんなエピソードを山ほど知ってますが、
今日はこの辺で。

そんないづうさんと一緒に仕事が出来て誇りに思います。206651ea.jpg


at 23:42|Permalink

2007年07月19日

壬生寺other side

八木邸に入ると、解説をしてくれるオバチャンがいはります。
「え~っと、ここで、酒に酔って帰ったぁ芹沢はぁ~土方らによってぇ、寝込みを襲われ~」ってな感じです。

入った時に始まってたりしたら、もう自分のペースでゆっくり見れません。笑
「僕、知ってるし!」とも言えません。
無視して前をウロチョロできません。

ドツボなんですね~

興味を持って聞いてらっしゃるお年寄りや観光客もおられるので、まぁまぁと思いますが最後完全にあちらのペースで進行後、ハイっここで終了~!
って感じで終ります。

その後、幕末を想い、新撰組を想う「間」みたいなものがあればいいのですが、
やんわり追い出しをかけられます。

「お帰りは足元気を付けておくれやす~ おおきに~ お茶もろて帰っておくれやす~」
入館料に「お茶券」が付いていて、お抹茶をいただけます。(帰り限定ね 笑)

これ、完全に追い出しをかけるための「どさくさ作戦」です。

皆、わかってるのかわかってないのか、となりのお菓子屋さんでお茶をすすってお菓子買って帰ってます。 笑

他府県の方に誤解されがちな、
典型的な「ザ・京都人」です、コレ。

お茶が出てくりゃ、帰れって事です。みたいなね。。
おかわりをすすめられて、「じゃぁもう一杯」なんて言おうものなら笑顔で「マジかよ~!」って思われまっせ。ってね。

重い場所なんですけど、笑いますアレには。。


あと、お土産類のおもしろい事。。
何ぼでもネタになりそうなのありますけど、ピックアップしたのはコレです。9a56a4e1.jpg
まぁね、
まぁまぁ、わかりますよ、
これはねっ。
隊士ですよね、沖田がいてね、土方さんもいてね、うんうん。。




問題は、そのすぐ隣に並んでるコレですよ。



ce8b8e4b.jpg
「湯豆腐セット」(台なし)
断っておきますが、ミニチュアです。

台無しっていう意味でのオチなのか!?
いや、大真面目にも思える。。

っていうか素だろう。。笑

こんなんもアリで、壬生をおすすめしま~す!



ちなみに、僕が一番好きな隊士は二番隊組長「神道無念流」の永倉新八です。
「新撰組!」ではグッさんが演じてましたが、あれは絶対違う!!

at 00:50|Permalink

2007年07月18日

壬生へ

43a74f07.jpg
今年も祇園祭行かなかったなぁ~
この一週間は仕事がキツかったです。
結構、がんばりました。

祇園祭、雨やなぁ
すごい人やったんやなぁ
とか思いながら仕事してる時に、新撰組の池田屋襲撃の事を想ってました。
祇園祭の夜でしたからね。

幕末に興味を持った学生の頃、一番魅力的で惹かれた存在が「新撰組」でした。

当時、弟を含め周りの友達にはかなりの変人扱いを受けてたと思います。
部屋に羽織と模造刀を置いてましたからね・・

あと、新撰組同好会による「新撰組血風録」や「燃えよ剣」の上映会にも度々参加して、
映画で土方さんを演じていた栗塚旭さん(大河ドラマ新撰組!では、土方さんの叔父役をされてましたね)と一緒に写真を撮ってもらったりもしました。
今でも大事にとってます。

大河ドラマ後は市民権を得たのか、すっかり京都(壬生を中心に)がホームになった気がします。
それまでは、一部の新撰組ファンにとっては縁り深いホームでしたが、一般的にはアウェーだった様に感じます。

今は知りませんが、三大祭りの一つ「時代祭」の行進にも新撰組は歩いてなかった記憶があります。
カタチでは新京極などの繁華街や観光地で「おきたクン」とか言って色んなグッズがお土産屋で売ってましたが、非常に軽いものだったので無意味でした。

大河ドラマに対しては色んな感想があるでしょうが、新撰組を知って興味を持った人も多かったはずです。

5eeaa2ba.jpg

壬生寺や八木邸は新撰組を語る上で欠かす事の出来ない場所です。
(僕にとって背筋の伸びる場所)

今日、久しぶりに仕事の手を止めて隊士のお墓参りに行ってきました。

史実だと言っても、自分が見たり聞いたりした訳ではないので、結局は色んな情報をシャッフルした自分なりのドラマになってしまうのですが、色々と考えさせられる存在です。

八木邸の一室に芹沢鴨が土方、沖田らによって襲われ斬られた部屋があります。
芹沢さんは本によっては「悪」として描かれる事もありますが、僕は嫌いじゃないんですね。
大河ドラマの「新撰組!」での芹沢さんに関するエピソードのひっぱり方を観てると、三谷幸喜も芹沢さんの事嫌いじゃないんだろうな~って思いますね。
だって、普通なら芹沢さんの破天荒ぶりよりも池田屋襲撃あたりでもっとひっぱるでしょうし。

話は戻りまして、芹沢さんが殺されたのは僕と同じ34歳だったんですよね。
その部屋で、色んな事を感じました。

かなりの酒乱で金にだらしなく、粗暴な人物だった様ですが剣術に優れ沖田らも恐れてた存在だったと聞きます。
さぞかし、人並み以上の努力をしてきたのでしょう。

やっぱり嫌いになれない人なんですね~僕は。

雨の強い夜、庭に集まった5人の刺客が襲ってくる画を想像すると、ゾッとしますよ。
行った事のない方は、ぜひ一度行ってみてください。

936aa1aa.jpg

帰ろうかなって時に、20代前半のお姉さんが4人ぐらいでお墓の前でピースサインしながら「ハイっチ~ズ。 キャハハ~」ってやってました。 笑

近藤局長の前で・・

僕は止めません、
近藤さん、、斬ってください!

at 23:53|Permalink

ハマった!

いつもお世話になっている染織家の永野さんに教えていただいたレザークラフトのお店へ行ってきました。

最近、バッグなど袋物の制作に力を入れてらっしゃるので、色々と興味深くお話を伺ってると、パーツ類など全部売ってて簡単なモノならすぐにできるとの事。

「鋲打ちも出来ますか?」
「うん、うん、道具買ったらすぐに出来るよ」

ちょうど一ヶ月前に聞いて、夢を膨らませておりました。

とりあえず、お店の方に色々と教えてもらって必要なモノを一式買ってきました。

早速、帰宅後実践。
何にしても初めは絶対にうまくいかないので、ストラップで試し打ち。

失敗しまくったのですが、
何個か打ってるうちに、
「なぁるほど~」
「あ、はは~ん・・」
「そういう事かぁ」
と、掴めてきました。


まだまだ自分で見ても仕事が粗いですが、行程や革製品の金属部分について大体見えてきました。

数打たないと上手にならへんなぁ~という事で、デニムのポケットを装飾してみました。
8c83d9e4.jpg


普通だと、こんな感じ。。










476ceb1e.jpg

鋲打ち後、こないカッコ良くなりました。
これ、熱いなぁ~

オリジナルなるやん。。


何年か前にルアー作りにハマった時と似た感覚を感じます。

一気に色んな可能性が見えてきて、夢が膨らむ感じ。
財布も加工して~
CAPとか革ジャンも加工して~
ベルトも染めなおして加工して~

バックルも作ってみたりして~

楽しいなぁ。

ネットでパーツ類を調べてると、夢を壊されないだけの種類がありました。

本当は、器作りでこうならないといけないのですが、
やはり仕事を離れた「遊び」は純粋に楽しめるなぁと思いました。



at 23:12|Permalink

2007年07月15日

プロレスとYMOと恩師

0fbdefdd.jpg
以前にも書いた事がありますが、僕の人生の中で「先生」と呼べるのは数人しかいません。

その中でも小学校5~6年の時に担任だった西岡先生は、僕に色んな影響を与えてくださりました。
今でも陶器祭を見にマウンテンバイクで来てくださる素敵な先生。

西岡先生について書き出すと、かなりの長文になってしまうので今日はテーマをしぼります。(それでも長文です、覚悟してください)

僕を受け持ってくださってた時、26才の美人な先生だったので人気がありました。
僕も担任になる前の4年生の頃から好きでした。

「西岡先生のクラスになりたいなぁ」なんて思ってたら、叶ったんですね。
後に先生も僕を受け持ちたかったと言ってくれた事があります。

年輩の先生方や保護者にとって、まぁ破天荒な先生だったと思います。
僕らにとってはお姉さん?お母さん?友達?の様な存在でした。

先生については又書きたいです。

さて、ある雨の日いつもの様に放課後も遊びまくってた僕に「きんちゃん、送ってったげる」と声をかけてくれました。

先生の軽自動車で短いドライブ。

車内のカセットテープから流れてくる音楽が印象的で、今でも忘れません。
プロレスラー長州力の入場テーマ「パワーホール」でした。

僕と先生の共通の話題として、漫画の他に「プロレス」がありました。
僕は藤波辰巳が大好きで、先生は長州力が好きでした。

今思えば、僕の格闘技好きはその頃から始まっていたと言えますし、入場テーマのタイトルまで知ってるというマニアぶりも小学生としてはおもろかったと思います。

ゴールデンタイムに「ワールド・プロレスリング」(新日本プロレス)を放送していて、毎週すごく楽しみにしていました。

テレビの中から小さな音で中途半端に終ってしまう入場テーマ曲に興味を持ってた僕には、
夢の様な車内でした。
だって、フルで聞けるんですよ。
藤波辰巳の「ドラゴン・スープレックス」だって流れてきます。

先生すげぇ!って思いました。

なんの知恵も持ってなかった僕は「先生、どうやってこれ録音したん?」と質問。
まだ当時、マイクをレコードに向けて録音してた我家・・

「えっ~?レンタルしてきてな、ステレオで録音すんねん~」

何もかも衝撃でした。
レンタルできるんや。
ステレオって、マイク向けんでいいんや。
こんなレコードあるんや。。

ワイパーの音と一緒に聞こえてくるプロレスのテーマ曲たち。。
バカにしてはいけませんよ、本当に名曲が多かったんですから。
ミル・マスカラスなんて「スカイハイ」ですからね。

家に近づいてきた時、僕が少し遠慮して言えなかった事を先生から言ってくれました。
「きんちゃん、これダビングしてあげるな。」
「ダビング?」
「うん、これと同じテープをも一個作れるねん」

ダビングという言葉を初めて知った瞬間です。

もう嬉しくてね。

小学生の期待を裏切らなかった先生。
2日後に曲名を書いて持ってきてくれました。

家に帰って、聞きまくりました。
夢の様な感覚。

その頃から僕のレンタルレコード屋さん通いが始まり、お年玉を貯めて録音できるステレオを買うという目標も出来、音楽好きになったわけです。

そのテープの中に、リッキー・スティムボートっていう選手のテーマ曲として、YMOの「ライディーン」が入ってました。
これが僕にとって衝撃的な音楽でした。

パッカパッカという馬の足音が入ってたり、ビュンビュンッっていう音が入ってたり、何よりメロディーがノリノリで。

ステレオを買えた6年生の頃、初めてYMOのレコードを借りて聴きました。
かっこいいガキでしょ?

そこから坂本龍一にいって、80'SのPOPやROCKにいって、現在の音楽好きに至ります。
親がビートルズやサイモン&ガーファンクルが好きだったのも影響されてますが、自分が興味持ったものを借りて聴くという始まりは、あの雨の日からです。

26才のキレイな先生がプロレスの曲を車内で聴いてるのも素敵だし、僕を乗せてくれた事も嬉しかったです。

学校でプロレスの話って、どんな小学生と担任やねん・・

プロレスについては、これ又書ききれないぐらい話せます。
スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、タイガーマスク・・
ヒーローがいっぱいいたなぁ~


先生の乗ってた車のあだ名が「ミルキー号」でした。
後ろにペコちゃんのステッカーが貼ってあったから。

その後何度も乗り換えてらっしゃる車にもベタベタと色んなステッカーが貼られてました。
そんな車で教育者として通勤してた先生。
カッコイイなぁ~

こないだ、行けませんでしたが東寺の「LIVE EARTH」でYMOが再結成してライディーンを演奏しました。

ミルキーをなめながら、そんな昔を思い出しました。

先生、今でもあのテープ持ってるんですよ。

b8f1690d.jpg


at 16:03|Permalink
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード