2008年06月

2008年06月20日

宣告

ここ数日、本当に疲れました。

体調が回復傾向にあった水季が突然嘔吐を繰り返し、食も水も全く受けつけない状態になってしまいました。

急いで病院へ行って、とりあえず怪しいと診察された胃腸炎の対策に薬の入った点滴をいれました。

この時点で、すごい違和感を感じていた僕。
食事を口から取れなくなった動物に無理に注射で栄養を送るのって・・

大型犬なので、20分も点滴に時間を要し。。
家に帰って絶食状態のあと、少量のご飯と薬を与えましたが全く受けつけず。。

少しの水を飲んだ後、すぐに水分まで嘔吐。




再度、病院へ連れて行き数ヶ月前にとったレントゲンをもう一度とってみる事に。



ありました・・
胃のまわりにかげが。。


それが原因なのか、何なのかお腹を開けてみないとわからない状態で。
全身麻酔すらリスクが大きい老犬の水季なのですが、僕の中で又その日も点滴を打って連れて帰るという選択はありませんでした。


先生が夜に緊急手術をしてくださるとの事。
全部お任せして、入院させる事になりました。


ひとりで帰る帰り道。
帰った家に水季が居ない。

明後日で9才になるのですが、9年間で初めての事です。

自分の判断に間違いが無かったのかグルグル考えながら、目の前の仕事をしてました。
納品にも行ってきました。


夜、家で連絡を待ちました。

予定よりも早い時間で電話がなりました。
申し上げにくいのですが・・の切り出され方に覚悟を決めた僕。

肝臓、脾臓に癌が転移していて胃の出口を癌が塞いでる状態と丁寧に説明を受けました。

そのまま閉じてもらいました。


今後も入院生活と点滴が必要になる延命措置を選択される人もおられるでしょう。
それが正しいのかもしれないし、僕にはわからないです。

ただ水季の声に耳をかたむけると、
家に帰りたい と。
僕と一緒にいたい と。
病院は嫌や と。


昨日の夜の時点では、
もし胃に直接チューブを通して栄養送らなければ生きれない、
点滴を毎日受けなければ生きれない、
口から食事が取れないのなら、

痛い苦しい思いをさせたくないのもあって、安楽死も考えてました。

世話してくれたり可愛がってくれた友達皆に連絡しておきました。
電話で相談もしました。

水季は僕の所有物じゃなくて、みんなの命。水季の命。

普段はイケイケドンドンな僕もすごく悩みました。
自分が親代わりなんだけど、水季が望む選択はどれかと。

人間以外の動物は自殺もしないし、最後まで生きようとします。
さっき話した点滴が不自然なら、安楽死も不自然なわけで。

なんで、もっと早く言ってくれへんのよ~
散歩も行ってさぁ
ご飯も食べてさぁ

頻繁にしていた尿検査や血液検査、数ヶ月前のレントゲンでも見つからなかったとハッキリ言われたので、その辺で後悔はないのですが、

あぁしてやれば良かったとか、粗相をして怒ったりもしたけど実は病気のせいもあったのかもしれない。
怒らなければよかったと、申し訳ない気持と会いたい気持でいっぱいになりました。

水季がいない仕事場はなんとも空虚です。
あらためて存在感を感じました。




今朝一番に面会に行ってきました。
麻酔と点滴で意識がもうろうとする中、僕が近寄るとググッと動いて喜んでくれました。
昨日からそんな様子を見せた事はなかったと仰ってました。

いつも水季に使ってるバンダナを置いてきました。

可能性や選択肢についても先生の話をしっかりと聞いて、水季と話しました。
いつもよりも荒い息でグッタリしてましたが、言ってる事はわかりました。

家に帰りたいと。



胃の出口を塞いでるので、水すら吐いてしまう状態なので流動食も期待できないのですが、
「口からの」流動食を与えて様子をみる事にしました。

やっぱり全部吐いてしまうなら、脱水症状で衰弱していき短い間で死んでしまう。
流動食がうまく流れても、肝臓に転移してる癌を考えると余命一ヶ月とのこと。


昨日悶々と考えてた事が水季の顔を見て明確になりました。

もうお腹の中をゴチャゴチャいじるのはやめとこう。
衰弱していくのはしんどいかもしれんけど、仕事しながらずっと傍にいるから。
3日間でも一ヶ月でも、一緒にこの家で生活しよう。


これから期間もわからない介護生活が始まります。

明日、弘法さんの帰りに迎えに行ってきます。

すごく苦しむようなら安楽死も考えてる弱い自分ですが、水季への愛情は誰よりも持ってるつもりなので、わかってくれると信じてます。



「ペットを飼う」
すごく軽い表現で、実際に軽く扱われた子がドンドン不幸になってます。
生き物相手に「ノリ」も「流行」もありません。

可愛いだけじゃありません。

こういう記事を読んで、考え直してくれる人がいればと思います。

ある意味、命を預かること。
時に命の選択をせまられること。

それはとてつもなく重いことで、何を選択しても後悔が残ると思います。

そんな時に楽しかったな と言えるパートナーでいれるか。。

今まで実家では2頭の子の最後を経験していますが、比べ物にならない感覚です。
胸が粉々に砕けそう。
子犬の時から9年間ずっと一緒でした。

寿命が短いとはいっても、時間的な事で言うと
小学校3年生になったばかりの子が助からない親の気持と同じでしょう。
短い。

昨日は納品先へ向う車内でいっぱい泣きました。
謝りたい事、伝えたい感謝がいっぱいで。


今日も夕方会ってきます。
明日は弘法さんなので、友達が午前の面会に行ってくれます。
友達は大泣き。

僕は水季が心配するし、笑って面会。
帰ろ~なぁ!


数日と短い時間かもしれませんが、いっぱい話して一緒に寝て過ごそうと思います。
会いに来てくれるって言ってる友達もいるんやで。

がんばろ。








体調を崩した時の記事にメールをくださった方などにも報告しておきたかったので、
文にしました。








kai

at 14:26|Permalink Clip to Evernote

2008年06月17日

遅くなりましたが、、

駒ケ根で買って来たモノを紹介します。

e4a97176.jpg



まずは、すぐ近くのブースだったcharanこと山田亜衣さんのバングル。

時計をモチーフにしたもので、ずっと4時です。笑
すっごく可愛い。

店番を手伝ってくれた友達となっちゃんにプレゼントしました。
なっちゃんのペンダントも可愛かったのですが、写真を撮り忘れました。

亜衣さんとは一昨年の駒ケ根で今年と同じくブースが近くて知り合いました。

ほぼ女性向けの作品ですが、今まで色々買わせていただきました。
ここ数年で出会った作り手さんの中では一番グッとくるセンスをお持ちです。


久しぶりに色々と話が出来て良かったです。



65d0203b.jpg

次に
沖澤康平さんのガラスコップ。

昨年の浜名湖でのイベントで声をかけさせていただきました。
工房8823(ハヤブサ)という屋号をお持ちですが、ガラスを始める前にハヤブサの研究をされてたそうです。

沖澤さんの器も生活の中で活躍するモノが中心ですが、
フタ付きのポットといった「どうやって使おうかなぁ~」といった遊び心のある器まであって、食材がのっていなくても楽しめます。

太陽の光を浴びて美しく輝いてました。




5686ab3e.jpg






最後に
宮下叔久さんのそばちょこ。

僕も定番で作っている独楽文様のそばちょこですが、
磁器の凛とした雰囲気は表現できません。

宮下さんの磁器が冷たく感じないのは、フォルムであったりもするのですが、
この独楽文の様にロクロ線ではなく、フリーハンドで描かれてる絵付けによるものでもあると思います。

普通なら、この文様は品物をロクロに乗せてグルリンと回してゴス(コバルト)を含ませた筆を固定させて描きます。

面倒くさいったらありゃしないですよ、フリーハンドは・・

すごく気に入ったので迷わず購入。




今回紹介させていただいた3人とも多少の年齢差はあるものの、同世代です。

しっかりと前を見て良いモノ作りをしている方々に刺激をもらって、僕も置いてかれない様に頑張りたいと思います!










kai

at 21:33|Permalink Clip to Evernote

2008年06月16日

ここにひとり

eb9cb364.jpg

信楽までの道中、良い場所がいっぱいあります。

ひとり
川の音を聞きながら感じる事、想う事、考える事がいっぱいあります。


そんな中、
あれっ!?今なんも考えてなかったわぁ~っていう無の状態もしばしば。


その無の状態になるのは心地いいもので。


自然の恵みにありがとう。







kai

at 23:00|Permalink Clip to Evernote

ボスと対話

今日は天気が良かったので、信楽まで土を買いに行ってきました。

道中、あまりに気持良くて何度も休憩をしたのですが、
猿の群れと遭遇。

一匹だけ道の上から下の猿にキィーキィーと指示を出す奴がいました。
きっとボス猿です。


キィーキィーだけで、多くの猿が川へ逃げ去りました。
その後もボスはむしゃむしゃと何かを食べながら不敵に僕を見下ろしてます。

僕「キィィー!キー!?」
 (訳)「何してんの!?」





ボス「キィッ!?」
 (訳)「えっ!?」

僕「だから、何食ってんのって!?」


ボス「いやっ、その・・」


ボス 「いやっっ、
さっ、さいなら~」



c3511362.jpg



え~
ごめ~ん。。








kai

at 21:28|Permalink Clip to Evernote

2008年06月15日

行ってきました。

acf03607.jpg


シリーズ一作「失われたアーク」と二作「魔宮の伝説」は小学生の頃でした。
母に連れていってもらった記憶が残ってます。

三作「最後の聖戦」は僕の一番好きな俳優リヴァー・フェニックスが出演してて、ロードショー直後に映画館へ行ったなぁ。

貧しい家庭で育ちましたが、観たいという映画と読みたいという本、描きたいという色鉛筆や絵具は与えてくれました。
今の感覚には欠かせないモノばかりだったと思うので、感謝してます。

インディー・ジョーンズやグーニーズに胸躍らせて眠った夜の事を今でも覚えてます。

今になって思えば、裕福じゃなくて与えられなかったモノって、
プーマやアディダスのジャージ。
新しいゲーム機。
海外旅行。
でっかい超合金。
asicsタイガーのスニーカー。
新品のランドセル。
などなど。

当時はとても大事に思えたモノばかりですが、
健全に成長するのに本当に必用なものは無いです。

栄養のある食事、教育を受けれる環境、雨をしのぐ屋根。。
これで充分なのでは?

子供は小さな事で想像を膨らませ、夢を持って、走り回るものです。
実体験なので、文句はないでしょう?笑

今は本当にモノが溢れすぎてます。
子供もモノに支配されてます。

小さな事ですが、レコード盤に傷をつけまいと丁寧に針を落として聴いてたお気に入りの音楽。。
CDになって・・
音楽を作る側の感覚もCD化した様に感じます。

80'Sはキラキラしてて、素敵だった。

オッサン呼ばわりされそうなので、この辺で。。

便利になるのは必ずしも良い方向へ向いてるとは思わないですね。
あと、自由も。
ある程度の不自由さが良い意味を持つ事だってあると思います。

人間、知識も大切ですが、知恵を失ってはダメです。



さて、「クリスタル・スカルの王国
これから観る方もおられるでしょうし、多くは語りませんが、、
ラストへ向けての展開はルーカス&スピルバーグらしいなぁ~と思いました。

あっ、そっちにいく?って感じ。。

アクション・シーンは凄いです。
壮大なロケーションにも圧倒されます。

ハリソン・フォード、走り過ぎ。
その目線でも凄い。


あと、R&R好きの僕にはかなり良かったオープニング曲。



でも、、
魔宮の伝説が一番良かったかなぁ~












kai

at 13:27|Permalink Clip to Evernote

カフェ相撲

599a6118.jpg


ギャラリーを後に映画館へ向う前に Cafe MUJIで休憩。
うまく言えませんが、入るのに疲れないCafeも必用ですよね。

おしゃれで素敵なカフェって、ある部分疲れたりもするでしょ?
イノダコーヒーとかスターバックスとかMUJIに何も考えずに入りたい時も多々あります。

僕にとって、カフェに望む大切なモノは「休息」
オーナーさんの趣味や好みを押し付けられるかの様な「おしゃれ感」や「クールさ」は、
肌に合わないと一回きりになるし、良いなぁと~思っても気力が無い時は入る気になりません。

お金をかけりゃ雰囲気のあるテーブルやソファを置けるし、店内の施行も理想に近づけますし、そこそこの店にはなると思います。

が、、
そこそこでしか無いんですよね~
そんなカフェがドンドン出来ていて、アンテナ張ってなくてもカフェ情報に頭痛がしそうなぐらい・・

正直、京都本などのカフェ特集、
もういいよっ!!

京都をカフェまみれにしてどーすんの?って。

オーナーさんのセンス(好み)相撲を見せつけられてもねぇ・・
砂かぶり席にいるのは、年に数回足を運ぶ観光客でしょう。
1階枡席は学生たち(これも多くは他府県)
1階B席あたりにOLさん。

僕、場外。

今日も土俵入りしてるカフェ力士はいるのでしょう。。 
押し出されたカフェ力士もいるのでしょう。。 苦笑

はっけよ~い・・





kai

at 13:19|Permalink Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード