2009年08月

2009年08月28日

釉薬、買ってみました。

7e7139b2.jpg


写真は、夏に道路(車道)でモゾモゾしてた青虫を助けて、塀にうつした時のものです。

アゲハチョウになるのかな?
とっても美しい緑だったので、しばらく見ていたら、学校の先生が怪しんでました。。
(向いの小学校の塀だった為)

誰が不審者やねんっ。



今日は信楽まで土と材料の買い出しに行ってきました。
秋までの仕事分を買ったつもりですが、どうでしょう・・

久しぶりに材料屋の精土さんで 勉強させてもらってきました。
ここの社長さんに聞けば、たいがいの事は解決します。

僕の経験上、京都のお店や窯業試験場よりもずっと現場主義で、わかりやすい。
今まで何度もヒントや解決策をもらいました。

今日も色んな話を聞き、疑問をぶつけ、充実した勉強会となりました。


社長「話してたらわかる。自分で釉薬作ってる人やろ」


そう、僕は釉薬も出来るだけ自分で調合する様にしています。
焼き上がるまでのロマンを語る気はさらさら無いのですが、単に過程を楽しんでるだけです。

買った釉を使えば、時間も短縮できるし、楽チンだけど、
釉についての知識が無いと、困った時に自分で対応出来ないんです。

ちょっとでも知ってるだけで、結構カバー出来たりします。

知識のある人に聞くにも、作れない(作ってない)人には、何を聞くかもわからないし、答えてもらっても、用語や分量についても意味不明でしょう。

僕は、悩んだり試行錯誤しながら良い色が出来た時の喜びを知ってるので、楽しいんです。

前にも書きましたが、自作の釉薬を使ってるのが良いとか悪いとかという問題ではありません。

作ると、材料費は1/3ぐらいに押さえられますけどね。


今日の様な、なるほど話に手を叩きたくなるぐらい嬉しかったのは、過程を楽しんでるからではないでしょうか?


そう、今日という一日も過程なんです。


これも良い、悪いの話ではありませんが、土がどういう過程で粘土として売られてるのか、
(せめて)基礎釉の成分がどうなってるのか、、など、ほとんど理解してない人もいはります。
ちょっと話せばわかりますからね~


僕は残念というか、ちょっと淋しいんですよね。



という話をしておきながら、今日は出来合いの釉を初めて買ってみました。
フフフ。

もちろん、添加剤でオリジナル化しますが。。


だいたいの釉の雰囲気、成分を読んでから、
「添加剤を黄土にして、3%ぐらい混ぜてみようかな~と思ってるんですけど」
と言ったところ、

社長「正解やな。それはキレイなのが期待できるな」


それ、ビンゴ。
おもしろい。

















引き出物 京都
工房えんじゅ

at 22:59|Permalink

2009年08月27日

美山

昨日は、京北~美山へ行ってきました。

981450f7.jpg


そう、こないだ書きました京北の旧家物件に谷村君が入居する事になりました。
いやぁ~良かった、良かった。

あそこなら、のびのびと作陶できそうだし、田舎暮らしも楽しめそうだしね。
今ごろ、仕事場を改装していく構想を練ってるんじゃないかなぁ。

あぁ、楽しそう。

ベンガラ塗りの柱、カッコ良いよなぁ~
思わず、又家の前まで行ってしまいました。

ここから始まるんだなぁ。
頑張れ、谷村君。





京北から美山町へ抜けて、はーばりすとくらぶ美山へ立ち寄りました。

いつもクラフトフェアで商品を買わせていただいてるのですが、料理で使わせていただいている魔女ソルト(これ使うと、何でも美味しくなります)が切れてしまったので、直接いただきに行ってきました。

せっかくなので、お茶していく事に。。

来月の浜名湖にも出店されるそうなので、その時でも良かったのですが、行って良かった。
ちょっと秋めいた風を感じながら、いただいたコーヒーが何とも美味しくて。

8647b761.jpg


あぁ~田舎生活、良いなぁ。
街に飽きちゃったのかもなぁ。

街で「あぁ~街って良いなぁ」って思った事無いもんなぁ。


車の話からイベントの話、ピザの窯の話まで・・
ゆっくりとお話させていただきました。


食器棚に僕の作ったコーヒーカップが並んでるのが見えて、嬉しかったな。

自家製プリンをご馳走さまでした。
ホントに美味しかったです。


その後、街へ下りてOpenしたばかりの知り合いの店へ行ってきましたが、
う~ん。。

素敵な店になってたけれど、
街の中の店って、もはやカッコ良く思えない・・

店は可愛かったんだけど、すぐに車や人が往来する道路だったしなぁ。。



京北で入った店の入口がツバメの糞で汚れてて、
上を見上げると、ツバメの親子が。。

あの時、美味しい空気の中で微笑んだ自分を思い出しました。


98eafdc8.jpg



そうなんだよ、あれが解放された僕なんだよ。











引き出物 京都
工房えんじゅ

at 22:15|Permalink

2009年08月26日

テント

55768184.jpg


仕事場にテント出現!




こう見えて、(どう見えて?)
アウトドアな一面も持ってる自分です。

昔はテントやシュラフなど、10キロ以上の荷物を積んで自転車旅行したり、
バイクでツーリングしたりしてました。

その時、よく一緒に旅してたメンバーで共同購入していたテント。
今回は誰が持って帰って保管なぁ~みたいなノリだったのですが、
ふと思い出して探してみると、ウチには無かった・・

誰ん家だ・・?

ちょっと使いたい場面が出てきたんだけど、疎遠になってしまってる奴に連絡するのも億劫なので、買う事にしました。

家族が出来た時は、又その時に・・という事で、今回はお手軽に設営&持ち運びが出来る、
ツーリング用のソロ・テントにしました。

246b7f94.jpg


これで、自転車一人旅ができる。
(体力的に難しいんじゃないの、自分!?)

これで、単車で旅に出れる。
(バイク持ってないよね、自分!?)

まぁまぁ、使い道があるので買ったんですよ。


テントを買ったら、試しに設営して手慣れておく事は基本。
仕事場で張ってみて、中でホぉ~ホぉ~と。

すぐに解体しようと思ってたのですが、気に入った様子の同居猫が・・

819ae83a.jpg


中ではしゃいではります。
(ホントに16歳の猫なのか??)

でも、テントって、ワケも無くワクワクするものですよね。

子供の頃、ボーイスカウトや親によくキャンプに連れていってもらったので、思い出も色々あります。


テント内でのはしゃぐ感じって、修学旅行の就寝前とよく似てます。


思い出すなぁ~
我が家のテント第1号は、アルインコ テレビショッピングで買ったものでした。

知ってはります?アルインコ。笑

あれから(特に父親は)本気モードに展開していき・・


今になって、
僕はお洒落カラーの ソロ・テントを買ってたりします。
何だかおもしろいなぁ。


しばらく手首の捻挫で休業中だったので、仕事場にはテント張りっぱなしだったけど、
もう、そろそろ撤去させてもらうよ、ナナちゃん。

な、

なぁって、ナナちゃん。

’家政婦は見た’ ごっこもそこまでにしてさぁ。。

729f23f9.jpg
















引き出物 京都
工房えんじゅ

at 23:22|Permalink

ドライブ

8fec639a.jpg


昨日は、滋賀県で遊んできました。

カラッとしてて、人も少なくて、気持ちの良い日でした。

久しぶりの佐川美術館
「太田大八とえほんの仲間たち」展を観てきました。

絵本好きの僕には、スルーできない企画です。

幼い頃から慣れ親しんだ絵本の原画から最近の作品までの原画が展示されており、見応えありました。

色んな絵本作家さんの展示がありましたが、
絵画と同様、感覚的に引っかからない作品はすべてスルー。

でないと、こういう展示ってエネルギーが保たないです。
場合によっては、1枚の絵ですべてのエネルギーを使ってしまう事もあります。


昔、信楽の陶芸の森の「ルーシー・リー」展へ行った時、スパイラルの花器の前で2時間。。
それだけで疲れたので、他の作品をちゃんと観ずに帰りました。

後日、再び観に行ってバランス良く観たつもりですが、最後は又スパイラルの花器の前で1時間。。



観て感じた事を自分の作るモノに反映させるって、出来そうで出来ない事です。
中途半端な真似なら帰ってすぐに出来るけれど。

真似から始めるのは基本ですが、本気の真似ならそれはそれで大変な事。

感覚や技術、発想に感銘を受けたのなら、それを何かのカタチにして表現したいと思うのですが、それって何年も後になります。

受ける能力と発する能力、そして実現させる力。
バランス良くなった時でないと、ぐでんぐでんになってしまいます。


つまり、僕は不器用?


さて、絵本。
五味太郎さん、太田大八さん、あべ弘士さんの原画が素晴らしかったです。

思わず笑みが。

6cd3079c.jpg


太田さんの言葉にありました。
ミサイルや爆弾を無くして幼い頃から絵本を見て感じて、イマジネーションを膨らませて欲しいと。

今、ミサイルの前に携帯とかゲームが子供の想像力を阻んでる気がします。
家でも外でも、人がいても景色が動いてても、ゲームや携帯に目を落としてる子を見てると残念に思います。

僕もファミコン好きだったけど、何か違う気がする。
世の中は便利になりすぎたし、それを求める人だらけだ。
しかも大きなチカラの波に動かされてる。


自分の意志、想いを忘れない様に。
どこかに流されてしまわない様に。




さて、
せっかくなので、近代美術館にも行ってきました。

ここも久しぶりで、
昔は常設で展示されてた清水卯一さんの花器を見るだけで元気になれたものです。

開催中の企画展「アメリカン・ハイ」

28d332af.jpg


これは本当に期待ハズレだったので、書く事無いです。



帰りに立ち寄った草津のパスタ&ケーキのお店がこれ期待ハズレで。
一切美味しくないし、店内&器のセンスもゼロだった。

ちゃんと仕事してほしい。


不完全燃焼だったので、近くのケーキ屋さん BLANC POCHEでシュークリームとプリンを買って帰りました。

ここは、とても美味しいし、値段も安い。
好きです。




青空と爽やかな風に元気をもらって良い一日でした。

85852917.jpg

















引き出物 京都
工房えんじゅ

at 10:26|Permalink

2009年08月23日

チマヨ

ccdca8b5.jpg


手首の捻挫により、安静中なので読書がすすみます。

こんな時間も大切。
無理は禁物。


タンスの上に積んでるパンツには、風呂敷をかけてスッキリさせていたのですが、
カッコ良くしようと、板に脚を付けて置いてみました。

fb8a9100.jpg


今まで以上にスッキリ。
しかも本も置けて機能的。

コテコテのウッディ調は好みじゃないので、アクセントをつける事にしました。

実は、ちょっと前に50年ぐらい昔のチマヨ織のブランケットを買っていたのですが、
この構想があったからです。

95b9eca0.jpg


チマヨの中でも好きなターコイズブルーで、お気に入りのサンダーバード柄。
さすがチマヨ織は存在感もあって、柄を問わずどこか品があります。

ギャッベもそうですが、丁寧な手仕事による工芸品(中には美術品も)なので、しっかりしてますしね。



ちょっとマメ知識。
チマヨ織の服やバッグの中では、オルテガやセンチネラ製のものが有名ですが、
ラルフローレンなどが手がけるチマヨ柄の服は、これらのメーカー(センチネラ)にオーダーをかけています。


1000年の歴史とも言われるチマヨ織。

デザインだけで判断しちゃうと、えっ!?って思うぐらいに高価な服です。
製作行程を知ってると、納得価格ですが。。


特に昔の物は1点モノも多いので、すごく気に入ったのに出会えた時は、
嬉しいですね。



興味がございましたら、どこかで手に取ってみてください。
その存在感にズッシリきますよ~













引き出物 京都
工房えんじゅ
 

at 08:13|Permalink

ラスト猛暑

a95e640e.jpg


「ディープ・ブルー」が久しぶりに見たいなぁ~と思い、レンタルしに行ったところ、
レンタル中。。

・・・

こういうの、どうしても見たいテンションとかタイミングありません?



って事で、買いました。
「earth」もそうだけど、見てて飽きない。


ひかりTVで、アニマルプラネットとか見てても飽きない。
民放なんて、クスリ漬け芸能人の事をあーだこーだ言ってる番組ばかりで、カスだしね。

「芸能人は青少年への影響力も強く・・」
って、くだらんテレビ番組がよく言うなぁ。



「ディープ・ブルー」
持っておきたいDVDだったので、良い買い物できました。



少し遅れましたが、弘法さんにお越しくださった皆様、ありがとうございました。
すごく暑かったですね。
僕の予想では、あれが今年最後の猛暑だと思います。

Tea Potが3個も出たり、内祝いのご注文をいただいたりと、
お陰様で商売の方もしっかりさせていただきました。


出店ご近所さん達とたっぷり会話も楽しめて、充実した一日でした。


しかし暑かったなぁ~
帰ったら、手首の湿布とシャツのあとがクッキリでした。

















引き出物 京都
工房えんじゅ

at 07:48|Permalink
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード