2011年11月

2011年11月30日

オーストリア2011/Hat


僕は帽子が大好き。

昔からCapやハンチングをいくつも持ってて、
気分や服装に合わせてかぶってたんですけど、
数年前からHatにハマってしまいました。

18の頃から大好きなROCK&ウエスタンな格好にピッタリなんです、Hat。

「安モノ買いの銭失い」という言葉もある様に、
手頃なの買っても結局飽きたりダメになってしまったりして使わなくなる様では勿体無い。

初めから良いモノ選んで、
爺ちゃんなるまで使いたいと思えるのを少しずつ。。

やはり安物との差はデザインのみならず、
ディテールすべてにおいて歴然です。

僕はSTETSONBorsalinoがお気に入り。

気品があって、シンプルなライン。

18の頃にはウエスタンSHOPで売ってるのを見ても買えなかった憧れのブランド。


昨年はウィーンへ行った時にSTETSON買いました。
Borsalinoも去年だったな。。

DSC_6299
      勿論、日本よりも安く買えます。
 
日本のデパートならガラスの向こうにある様な帽子が積まれて売ってる帽子屋さん COLLINS

ウィーンのお店には帽子の他、
ニット製品やバッグも売ってました。

hat2


hat
            こんな路地にあります。


素敵な店で2日連続行ってしまった。


今年、ザルツブルグに行った時にも COLLINS発見!
オーストリアのお店(2店舗)だったんですね〜 

看板が素敵でしょ〜

DSC_2631

向こうの楽しみのひとつに、
お店によって異なる「看板」があります。

アイアンやあかりを利用して、
用途だけじゃなくて「遊び」の要素もしっかり。

見習いたいところ。


照明器具だって、オシャレ。

DSC_2836
      シルクハットの形になってます。


Hatって、ちょっとキザなイメージもありますが、
服装やキャラにハマると、もの凄くカッコ良くきまりますよね。

チャラい兄ちゃんがかぶってもハマらない、
使う人を選ぶデザインってあります。

Borsalino、18の頃欲しかったのに買えなかったのが自然なんですよね〜

今ならハマってるのか?と聞かれると自分ではわかりませんが、
Borsalinoをかぶる時は意識もシャンとする事は確かです。 


ヴィトンやグッチ、エルメスもそういう良いブランドなんですけどね〜
しょんべん臭い姉ちゃんが乱用してて悲しいです。


今年は緑のBorsalinoを買いました。


studioenju at 22:45|Permalink Clip to Evernote

来春のライブ行き決定


やった!

Foo Fighters zepp Osaka公演のチケットをGET!!

DSC_4830

早くも、来春の楽しみが出来たわ〜

しかし、
前回の来日の時もだったが、
Foo Figtersほどのバンドがなぜに大阪城ホールじゃ無しに、
Zeppなんだ?
メンバーの意向だとしたら、カッコ良過ぎなんだけど。。

関東はごっつい横浜アリーナなのも不思議・・

ま、
小さい箱で観れるなんて、
ファンにとっては嬉しいかぎりなのだが。 


この曲だけは絶対やってほしい!

Best of You
 
カッコえぇ〜




京都の引き出物は 工房えんじゅ



 


studioenju at 00:52|Permalink Clip to Evernote

2011年11月29日

選曲に笑ったけど。。


このドラムの女性、
裸足と笑顔が気持ちいいなぁ〜 

 

べっぴんさんやし。






京都の引き出物は 工房えんじゅ






studioenju at 02:15|Permalink Clip to Evernote

嬉しい来客


仕事も立込んでる為、
完成は先になりそうですが、 仕事場の工作してます。

DSC_4295

100%遊びの要素。 

どんななりますやら・・

又、完成したらUpしますね〜



先日、
アイアン作家の古道さんが遊びに来てくれました。

DSC_4735

珈琲を飲みながら、
趣味の話から旅行の話、家族の話と色んな話。 


春は毎週会ってたのに、
事情もあってかなりお久しぶりでした。 

父と同年代という事が関係してるのかしてないのか、
モノ作り界の父ちゃんの様に思ってます。

お世話になりっぱなしだしなぁ・・
いつかでっかい恩返ししないと。 


あ〜
もっと強くなりたいなぁ。
もっと優しくなりたいなぁ。


「忙しいから」
とか
「自分の事で精一杯」
なんて思っちゃいけないな。 

その上で、
その状況で、

人に何が出来るかが、
真の(芯の)強さであり、優しさだと思う。


守られてて、
ゆとりがあって、
人に優しくするなんて事は、最低限の事だしね。


皆さん、人に優しくしましょう。

誰かに優しくしてもらったら、
次の誰かに優しくしましょうね。

「心」って、こうだった筈でしょ?




12月3日(土)~12月25日(日)
open11時~18時

尾賀商店倉庫ギャラリーで古道さん企画の展示会
「それぞれの椅子展」が開催されます。


観に行こーっと。




京都の引き出物は 工房えんじゅ








studioenju at 01:55|Permalink Clip to Evernote

年内に治したい

歯痛。

痛かった時期を何となく過ごし、
しばらくして痛みが無くなったので、
放置していた歯が2本。

何ヶ月やろ?

海外旅行前やしな。。


それが先週から痛みだして、
どんどん酷くなっていき、ついに寝れなくなる程に・・



駆け込む様に予約したのは奥さんお気に入りの歯医者さん。

ここがおもしろい。

3週間予約が取れない程に人気の歯科医院なのですが、
痛みをうったえると、すぐに対処してくれました。

何がおもしろいって、
超多忙なのに、先生ひとりで営業してはります。


電話対応〜受け付け〜レントゲン〜説明〜治療〜
吸引(!)〜
治療〜説明〜会計〜次回の予約まで。

全部ひとりで、患者にストレス与えない仕事っぷり。

凄ぇぇ!!

どの業界にも凄い人がいるものだ。。

とりあえず、痛みからは解放されて集中力復活。
痛い時は仕事どころじゃありませんでした・・

何年かぶりの歯医者通いです。 


皆さんも、
虫歯は見過ごさない様にしましょう。






京都の引き出物は 工房えんじゅ





studioenju at 01:27|Permalink Clip to Evernote

2011年11月27日

オーストリア2011/ハルシュタット〜追記〜


前回Upしたハルシュタットの追記です。

DSC_3088

一番可愛かった猫も紹介しますね。 

すごく親切で料理も美味しかった宿は Gruner Angerというペンションです。
とにかくマスターの紳士っぷりがカッコ良かった。

DSC_3130

蝶ネクタイで背筋シャキっとして、にっこり美味しいビール持って来てくれます。

DSC_3137

今思い出しても、素晴らしい宿でした。
又、泊まりたいもん。


お向かいの家も素敵でしたよ。

DSC_3002
         こんな工房良いよなぁ〜 


町は木造建築が主なんですが、
石造りの家もあって、それはそれで趣がありました。

DSC_3068
     
                グリーンと石の織り成す自然のアート。

DSC_3092


扉のアームにも遊び心。

DSC_3103
     アイアンで作られてます。鱒かな?
 


土産物は主に岩塩です。

DSC_3005

これ、いっぱい買ってきたんですけど、
帰ってから会う人会う人に渡してたら、
アッと言う間に無くなってしまった。

気付けば、自分の分が無い! 汗

「美味しい」と言ってくれる人が多かったので、
良かったんですけど。 


雑貨も温かみのあるモノばかりで可愛かったです。

DSC_3099
 
あっちの木のおもちゃって、シンプルで素敵。

子供の感性に響くモノって、ゴチャゴチャしてないデザインだと思うんですよね〜


今年の旅行の中で一番素敵だったカフェが湖畔にありました。

もうね、
ここは夢の世界でした。

DSC_3106

 
DSC_3109

日本にありそうで無いでしょ!? 

雨とか風とか気にしてたら出来ませんよね。


もう〜これには僕、ヤラレてしまってですね、
感嘆の声が出っぱなし。



DSC_3114
    カフェから普通に白鳥とか見れます。笑


もうひとつ刺激的だったのが、
教会の墓地にあるバインハウスという納骨堂。
注:髑髏なので見たく無い方はリンク先に行かれません様

数百という髑髏がズラッと並んでます。
生前、ここに納めてほしいと望んだ方の好きだった言葉、
又はその意味を持つ模様がペイントされた髑髏が所狭しと積み上げられてます。
 
改めて感じました。

お金持ちも貧乏人も、
男前もブサイクも、権力者も一般市民も、
天才も凡人も骨になったら同じ。

見分けなんてつかないし、優劣なんて無い。


万人が死を迎える事は避けられません。

死に方を選べない分、
これからも生き方だけは自分で選んで楽しもうと。

写真は撮らず、宗教云々の壁は無しに手を合わせてきました。



そして、
最後に可愛かった猫。

DSC_3044


教会へ向う道で見つけた子。

普通に気持ち良さそうに寝てる子にしか見えないでしょ?





これが・・


なんと断崖絶壁の縁ギリギリの場所で寝てるんですよ。

DSC_3041

オイ!大丈夫か!?
と声をかけるもスヤスヤ。

DSC_3042


崖っ縁でスヤスヤ・・
 

これ、ちょっと写真では伝わりませんけど、落ちたら120%死にます。。

悪意のある人間が押したら終わりです。。

君、大丈夫〜??

きっとここが気持良いんやろぉ〜って事で、バイバイしました。


あの子、
今日もあそこで寝てたのかなぁ〜?

DSC_3048


そんな風に想像出来るだけで、
帰ってからも旅行って特別のものだと実感するし、
世界をピースにする小さな力ってこういう事だよなって感じます。


ありがとう、ハルシュタット。
絶対、また行くね!






京都の引き出物は 工房えんじゅ





studioenju at 19:37|Permalink Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード