2012年10月

2012年10月19日

今年ラストのイベント出店です。

DSC_4904
     昨日のナナ。何、その格好・・(笑)


ふぅ〜
陶器祭の準備が今終りました〜
眠たっ。 

テーブルや棚だけ搬入に行った後、
一緒に出店させていただく小野先生とお茶しながら色々話してきました。

2時間以上話してたけど、

話足りず、
「これから3日間あるしな」と解散しました。(笑)

価値観だとか、
仕事や遊びに対しての姿勢、
安心して話せる、聞ける、貴重な方の一人です。

では、
2時間だけ寝てから準備へ行って参ります。


お時間のある方はぜひ。

品揃えが多いそうなので、
小野先生の品をご覧になりたい方はチャンスですよ〜


僕は正直、品薄です、スミマセン。



ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 03:54|Permalink Clip to Evernote

2012年10月18日

明日から。

BlogPaint


明日から「清水焼団地の郷まつり」に出店いたします。

今年も「空女」こと小野多美枝先生とご一緒させていただきます。
(先生の元生徒さん、しまちゃんもいますよ)

空女さんの品物は初日にほぼ売れてしまいますので、
お求め希望の方は、初日の午前中にどうぞ。

僕のは例年通りゆるりと売らせていただきます(笑)
一番愉しいブースで皆様のお越しをお待ちしております。

10/19(金)〜10/21(日)
AM9:30〜PM6:00(雨天決行)





ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 09:31|Permalink Clip to Evernote

2012年10月16日

C.H.スタルハンの酒器

器の制作者も、
繋がりを知るとドラマチックに鑑賞できるんですよ。

先日、紹介させていただきました、
スヴェン・ヴェイスフェルト(Sven Wejsfelt)

ちょこっと書きました様に、
ロールストランド社の黄金期に、
C.H.スタルハン(Carl-Harry Stalhane)の元で働いていた事でも知られています。

今日はその C.H.スタルハン

stalhane

1939年に19歳の若さでロールストランド社に起用され、
73年までアートディレクターとして活躍しました。


黄色い釉がとっても綺麗な酒器。

DSC_4936
          C.H.スタルハン

この黄色、

DSC_4975
        <拡大してご覧ください>

中の釉の雰囲気を見ると、皆さんもだんだんと繋がってきたのではないでしょうか?

10年前に僕が北欧陶器に影響を受け、
今の色釉が出来たという物語に近づいてきていませんか?

単色でやっちゃうと真似っこ丸出しなので、
複数の色釉を混ぜてオリジナルを完成させました。

それが僕の主力商品「彩色シリーズ」です。

今、ココにきて黄色や青の単色をやってみようかなと思っています。

オリジナルで食べれる様になったから、
アリかな・・

「、、アリでしょ。」と思ってます。(笑)


黄色、良いですね〜


DSC_4980

おそらく、60年代のモノだと思います。


そして、
スタルハンがロールストランド社で働いていた時の先輩が、
グナー・ニールンドという強者です。


グナー・ニールンドの器の紹介も又。


studioenju at 18:43|Permalink Clip to Evernote

ナナ


由紀さんにいただいた手づくりのバンダナ、似合ってます。

DSC_4774

ナナの目の上のただれ、腫れがすっかり治りました。

ご心配いただきました方々、
ありがとうございました。

 
もうお婆ちゃんネコなので、
色々あって当然ですが、
元気に過ごしてます。

そろそろ寒くなってきたので、乗っかってくる頃かな?

悪さもせず、
ずっと温厚で、

ホンマにえぇ子ですわ。



ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju
 


studioenju at 02:31|Permalink Clip to Evernote

クネッケ・ブルード


皆さん、クネッケをご存知ですか?
ドイツでもある、カリッとかパリっとした、薄い乾パンみたいなものです。
(ライ麦の煎餅の様な感じ) 

R0012679
           これです。

北欧のクネッケは、
どこのレストラン、ホテルでも見たぐらいに主食の様に食べられてます。

あと、ポテト。
ポテトも主食。
 
日本で言うと、ご飯みたいなもんで、 
 ポテトとおかず、
クネッケとおかず、

何やったら、
ポテト&クネッケ&おかず。

ぇえ・・ってパターンだと、
クネッケ&サラダ&ポテト。(笑) 

でも、馬鹿にするなかれ、
ポテトもクネッケもすこぶる美味しい。

R0012678

チーズやバター、野菜やハムなんかを乗せてバリバリと食べてました。 

なんか見た目はボロ雑巾みたいで何だこのカタチ〜!?とか思ってたのですが、

円形で作られたモノをバリバリっとフリーハンドで割って出されてるそうです。

DSC_4671

これは気に入ったと、
スウェーデンのスーパーでクネッケを買ってきました。

大きさは直径15cmぐらいのものから40cmぐらいまであって、
メーカーも様々。


予備知識なんて無かったので、ジャケ買いしてきました。

DSC_4682
昔は、真ん中の穴に紐を通して吊るす事でネズミに食われない様にしていたそうですよ。



なんや家で食べれるのが嬉しかったので、
ゆとりのある奥さんの休日にパリパリッと割っていただきました。

DSC_4676


あの時の様にな、

DSC_4672


色々と乗せてな・・♪


バリっ・・


ん?


バリっっ・・


んん??


二人しばし無言・・(笑)

なんじゃコレぇ〜

味無しクラッカーやんけ〜(笑) 

深くて香ばしいあの味はどこいったんじゃーいっ! 

いやぁ〜
クネッケにも美味しくないのがあるんですねー
(当り前か)

めっちゃ残念です。
これ美味しいですよ〜なんて記事をUPしたかったのに。 


fixedImage

これと迷ってたんだけど、
こっちにすれば良かったかなー

また日本で探してみよう。


このクネッケ、
元々は保存食として普及したそうで、バイキングたちが重宝していたそうです。
 
そう言えば、
バイキングをスカンジナビアの海賊だと思ってる人が多いのですが、
スカンジナビアに住む人全体の事をバイキングと呼んだそうですよ。


似て非なる話ですが、、
バイキング(ビュッフェ)スタイルも北欧(デンマーク)発祥です。


1000年以上の歴史を持つクネッケ。
又現地で美味しいモノを食べたいものです。



ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 02:07|Permalink Clip to Evernote

2012年10月15日

北欧モビール


おはようございます。

今日も仕事場でニルスが飛んでます。


DSC_4858

僕も皆さんも、
旅する様な一週間を過ごしましょう。


ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 10:45|Permalink Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード