2008年01月30日

Tea Pot

f9f046cc.jpg
多くの作り手さんが面倒くさがって避けがちな Tea Pot ですが、
これは灰皿と違って好きなアイテムなので、在庫が無くなりそうになったら作ってます。

僕の定番商品の中では ?8500 と一番高価ですが、コンスタントに売れています。

コレ作るのに時間も手間もかかりますが、性格にあってるのでしょうか、、
割と苦しまずに作ってます。

一番愉しいのはパーツを組み終えた姿を見る時です。
ここが折り返し地点なんです。

水切れの良さと持ち易さは重要なので、細心の注意を払ってます。
もちろん、自分で毎日使ってるので説得力も備わってるアイテムです。


あと意識してるのが、プロに見られる事です。
先に言っときますが、技術に長けてるモノが良いとは限りません。

ですが、技術力も気になります。
急須(TeaPotも含めて)なんかを見ると、その人の持つ技術があからさまに知る事が出来ます。

違った目線から言えば、湯呑みを見てもそういうのは見えてきたりもしますが・・
なんていうか、簡単に言えばわかり易いですよね、Potは。。

「味」「わび」「さび」「勢い」
この種の「巧さ」は、まだまだ先に身に付けば良いと思っていますが、
機能面で優れたモノを作る上手さや、家庭で愛される器を作る上手さ(ある意味、ズルさ)は、今すぐにでも身に付けたいものです。

今、新しいカタチのシュガーポットを試作中です。
これが又面倒くさいのですが、定番にしたいので色々試してるところです。

又紹介しますね。







kai

at 02:07│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード