2008年03月31日

アートフリマ 最終日

最終日は知り合いやお客さんが来てくださって、久しぶりに話もできて良かったです。
ここでしか告知してなかったのに、なんと奈良から2組も来てくださりました。
大感謝です。

何でお返しできるのかといつも考えてしまうのですが、逆にお買い上げいただいてしまって。
いい加減、仕事が忙しいとはいえ代り映えしない商品もダメだなぁ~と思います。

今の主力になっている「彩色シリーズ」も始めてから4年経ちました。
これはこれで、他では見ない雰囲気を持っているので大事にしつつ、
新しいシリーズもスタートさせたいと、ウズウズ。

そういうモノがあれば、遠いところから来ていただいた方にもっと楽しんでもらえるんだろうなぁと思います。

またまた、知り合い票に助けられて結果的には出店料から考えると、満足できる売り上げで帰る事ができました。
僕の活動の中でイベントに「頼る」という事は無いので、地元京都で経費もかからず出店料も1万円そこそこ。。

休みもかねていたので、十分な結果でした。
イベント期間中も仕事が入ってきていたので、焦りもありましたが・・

お越しくださった皆様、ありがとうございました。
次回からは抽選じゃなく、審査での選考になる様なので、きっと出店できる!と思っています。(落ちたら笑ってください)

今回はほとんどポストカードやアクセサリーで、質も落ちたとの意見を運営されている方から聞きました。(僕の意見ではありませんよ)
やっぱり抽選にしてしまうと、イベントの質は保てないと。。

運営サイドは難しいですよね~
審査にしても、写真での判断でしょうし、人間なんだから好みも入ってくるでしょうし、
多少はコネクションに近いものも発生するでしょうし。

まぁ、技術やセンスについて人の事をとやかく言える身分ではありませんが、
やはりジャンル別にブース枠を作っていただく事と、イベントの趣旨から考えて「趣味」じゃなくて「仕事」として取り組んでいる人を取り上げていただきたいという希望は持っています。

それは技術的に下手でもです。
僕も14年前に初めてクラフトフェアに参加させていただきましたが、それはそれは酷いモノでプロ意識のプの字も無い人間でしたので、今思っても恥ずかしいです。

その時の僕を知っている作り手さんもおられるのですが、今「作品が良くなったね」「頑張ってるね」と言ってくださります。
嬉しく思うと同時に、恥ずかしく思うのですが、

そんな作り手さんにダメ出しされて、現在に至ったわけではなくイベントに鍛えられたという気がします。
色んな人やモノを見て、自分を見て、反省して。。

そんな気持ちになるのに一番必要なのは、工人であるという意識とプレッシャー(生活)だと思います。

ちゃんとしたモノを作るっていう意識はアマでも持てると思いますけどね~
まぁ、ほとんどのイベントが「プロ・アマ問わず」ですけど、やっぱりその異種格闘技感がお客さんにとっては楽しいんだろうな~とも思いますし。

どうなるんでしょうね~秋のアートフリマ・・









kai

at 11:50│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード