2008年06月17日

遅くなりましたが、、

駒ケ根で買って来たモノを紹介します。

e4a97176.jpg



まずは、すぐ近くのブースだったcharanこと山田亜衣さんのバングル。

時計をモチーフにしたもので、ずっと4時です。笑
すっごく可愛い。

店番を手伝ってくれた友達となっちゃんにプレゼントしました。
なっちゃんのペンダントも可愛かったのですが、写真を撮り忘れました。

亜衣さんとは一昨年の駒ケ根で今年と同じくブースが近くて知り合いました。

ほぼ女性向けの作品ですが、今まで色々買わせていただきました。
ここ数年で出会った作り手さんの中では一番グッとくるセンスをお持ちです。


久しぶりに色々と話が出来て良かったです。



65d0203b.jpg

次に
沖澤康平さんのガラスコップ。

昨年の浜名湖でのイベントで声をかけさせていただきました。
工房8823(ハヤブサ)という屋号をお持ちですが、ガラスを始める前にハヤブサの研究をされてたそうです。

沖澤さんの器も生活の中で活躍するモノが中心ですが、
フタ付きのポットといった「どうやって使おうかなぁ~」といった遊び心のある器まであって、食材がのっていなくても楽しめます。

太陽の光を浴びて美しく輝いてました。




5686ab3e.jpg






最後に
宮下叔久さんのそばちょこ。

僕も定番で作っている独楽文様のそばちょこですが、
磁器の凛とした雰囲気は表現できません。

宮下さんの磁器が冷たく感じないのは、フォルムであったりもするのですが、
この独楽文の様にロクロ線ではなく、フリーハンドで描かれてる絵付けによるものでもあると思います。

普通なら、この文様は品物をロクロに乗せてグルリンと回してゴス(コバルト)を含ませた筆を固定させて描きます。

面倒くさいったらありゃしないですよ、フリーハンドは・・

すごく気に入ったので迷わず購入。




今回紹介させていただいた3人とも多少の年齢差はあるものの、同世代です。

しっかりと前を見て良いモノ作りをしている方々に刺激をもらって、僕も置いてかれない様に頑張りたいと思います!










kai

at 21:33│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード