2008年09月29日

浜名湖アート・クラフトフェア初日

494745ab.jpg



昨晩、無事に戻ってきました。

浜松、近いっ!
帰り道は浜松西ICから京都東ICまで、2時間ちょうどでした。

家に着いてから片付けをするゆとりがあったぐらいです。


さて、初日。
突風が吹き荒れる中、テントの設営と準備。

昨年の雨よりもずっとマシですが、風というのもなかなか厄介なものでして。。
色んなものを押さえもっての準備です。

開催開始の10時前にお客さんが入ってらっしゃいました。
午前中からすごい人!

ここの集客力は昨年も感じました。
初回で雨なのに、こんなに来てくださるんだぁ~と。

今年は天候にも恵まれた事、初回の口コミ評判、ローカルとはいえどもメディアによる宣伝活動、ビッグネームとの協賛、、スタッフさんの尽力・・

色んな要素が組合わさって、賑やかなフェアとなってる事を忘れてはいけません。

僕個人的な事で申しますと、初日は昨年よりも大幅UPの売り上げとなりました。
新規の方の他、昨年も買ってくださった方や、顔見知りのお客様、昨年人に貰ったという方、出展者さん、、などなどありがとうございました。


朝のうちに少しだけ見て回りましたが、出展者多っ!
やっぱ300ブースを越えると壮観です。

その中で陶器屋さんが100ブース以上。
3軒に1軒が陶器屋さん・・

同業者多し・・です。


そして、出展場所の広さと言ったら、広大でして。。
まだ、あと300ブース増やしても平気でしょうね。

飲食ブースや体験ブースもあるので、お子様連れでも楽しめるし。
見応えや楽しさをお客さんの立場で考えると、全国のクラフトフェアの中でも上位にくい込むと思います。

第2回にして・・
素晴らしい。

ただねぇ~
広いという事は見て回るエネルギーもかなり必要なので、出展場所の良し悪しも売り上げに影響すると思いました。

駐車場に近いブースや端(有料テントブース)は強し!との勝手な分析です。
(同じモノを同じ人が売るという条件を仮定とした場合)

だってね、テントとテントの間(お客さんが見て歩く通路)が合計9レーンあるんですよ。
んで、1レーンあたり200メートル弱。

全部見て歩こうとしたら、2キロ近くも歩く事になります。

それぞれの土地で、こういうイベントで「クラフト」への関心を持っていただく事も大きな課題ですが、
歩くのしんどいしココらで・・といったお客さんがおられる事も、あっちの方が安いし大きいし・・という方がおられるのも、出展者と同じ様にお客さんも色々いはるわけで・・ね。

まぁそんな事はともかくとしまして、皆さん楽しそうでした。
それが何よりです。

今回の為に購入した3メートルのテント。
オレンジで素敵ですが、何だかケーキ屋さんみたい・・笑








kai

at 08:35│
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード