2010年05月27日

気配り


展示室のエアコンを換えました。


今まで使っていたのは元々家に付いてたもので、ザ・昭和デザイン。

R0012451

部屋の雰囲気に合ってたし意外に薄型デザインだし、良かったんですけどね〜

スイッチ入れると、カビ臭〜い風がぬるぅ〜っと出てくる様になってしまって。

しかも、ウォォォーッン!! と雄叫び付き。

こりゃ使ってる電気代も半端じゃなさそうだなぁ〜と。


展示室ですので来客時だけなのですが、せっかく快適にお過ごしいただける様に改装したので、思い切って買いました。


R0012452


工事のオッチャンの作業をずっと見てました。

エアコンの取付けはガスなども含んでいる為、物理的に素人が出来ないんですよね。

でも、見てると勉強になりました。
ははぁ〜ん。。
ほほぉ〜ん。。

教えてもらったら、出来そう・・



いつも業者さんに入ってもらってもらう時に思う事があります。

挨拶とか言葉遣いとかで気持ちの良い人が少ないっていうのと、
気配りが雑な人が多い事。

例えば今回でも、
平行水準器でバランス取りながら設置の美しさを考えて作業してる割に、配線カットしたゴミクズを残して帰ったり、
汚れない様にと敷いたマットの上を歩いた足で敷いてない所歩いてはったり、
取り外したホコリまみれのモノを一旦ソファの上に置いてたり・・

僕、そういうの気になるんですよね。

そんで、決まって最後に月並みな世間話を無理矢理はさんでくる。
追加の作業代を払う時に、
「最近、暑いんか寒いんかわからんから、今日は冷房なんか暖房なんかわからん様になりますなぁ。」

「・・はい」

・・・変な沈黙・・

んで、
「さっ、では作業完了ですので、失礼します〜」

「ご苦労様です」



なぁんかコレ、デジャヴュちゃうん!?
って思うぐらい。笑

まぁ、これすら無かったらどうなんだと考えると、
所謂、大人の挨拶である訳で。。


なんか惜しいんですよね〜!

わかってもらえます??

愛想が欲しいとかでは無いんですけど、安心感が欲しいんですよ。
家に入ってもらう訳ですから。



電器店で商品を買う時の店員さんとまるで対応の雰囲気が違うところにも違和感を感じてるんでしょうね。

工務店さんと実際に作業に来る人も似てますが。

もちろん、素晴らしい作業員さんもいらっしゃいますよ。
実際に経験してますし。


いやはや、こんな事も含めて勉強になります。


R0012455



皆さん、
夏は涼しくしてお待ちしております。







引き出物 京都
工房えんじゅ

studioenju at 09:47│
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード