2011年02月28日

挫折は良い思い出


こないだライブハウスでJASKYと駄弁ってる時に、
釣りの話になって、ウズウズし始めてた自分。。



まずは、放置していた道具の手入れだ!

R0011505
久しぶりにリールを分解して掃除。


R0011509
グリースを塗って整備。


R0011508
テンション上がってきます。


R0011512
今でも名機と言える、シマノのCALCUTTA 200XT。


ABUのリールは手放したんですけど、
こっちは感覚的に扱える相棒だったので手放せなかったなぁ〜



15年ほど前に買ったんですけど、まぁだまだ使えます。
やっぱ、道具は少々高くても良いモノに限ります。


DSC_8293
ロッドはABU製。




スピニング・リールもメンテナンスしました。
DSC_8297
こちらは、ロッドもシマノのスコーピオン。


あとはラインを買いに行って巻き直して、
ルアー整理だな。


ルアーがなぁ、100個以上あるから大変だ。




ちなみに、、
DSC_8300

上のルアーは、僕のハンドメイド・ルアー制作にトドメをさしたルアー。
コレを見て、戦意喪失しました。
道具も片付けました。


あぁ、敵わないや・・って。



下のルアーは、当時マニュアル本も何も無かった時代に作り方や材料を教えてくれた先生のルアー。

両方ともフォルムが完璧。
多分、100年後も残ってると思う。


僕は、
ハンドメイド・ルアーの世界でやっていこう、か、な。。ぐらいの感じでやってましたが、

甘かったですね。

釣り具屋さんで売ってもらうとこまでいったんですけどね、
なんか違和感あったもんなぁ。


どの世界も、本気の人は凄いもん。


これは私感ですが、
ルアーの世界と比べると、陶芸業界はぬるいですよ。
(反論覚悟)

良くも悪くもね。

アマチュアさんでも売れてるし。
活動ごっこしてても、陶芸家扱いだし。


凄い世界に足を踏み入れてみて、
始めて知る事や感じる事があって、敬意がうまれる。



陶芸界から一時離れ、
ハンドメイド・ルアーの世界をのぞけて良かったです。



やってる事と直結してなくても「本気で経験」するほど成長させてくれるものは無いと思うんだよなぁ。










引き出物 京都
工房えんじゅ


studioenju at 22:07│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード