2012年07月22日

大失敗

ご無沙汰してしまいました〜
たくさんの方がのぞいてくださってたのに更新出来てなくてすみません!

原因はコレでした。
 
DSC_1683

長い時間をかけて制作した陶箱。

素人目には「どこが?」かもしれませんが、
作者として最悪の出来。

色味も悪いし、釉の乗りも悪い。

これでは自信を持って料理屋さんに納める事は出来ません。

すぐに不眠不休でやり直ししました。
明日、素焼きが上がってきます。

僕は独立してから一度も「訳あり品」とか「B品」を売ってお金をいただいた事がありません。

すべて廃棄します。

使用される方が気にならなければ使えるモノだけに、
限りある資源の面から考えても、これには批判の声もあると思います。

ただ感覚的に、
失敗作でお客さんが働いて手にされたお金をとても受け取れない。

ですが、
僕はB品を売る方に対してネガティブな印象も持ってません。

作者の自由だし、そこにHappyがあるなら良い事です。

僕は僕の信条、信念、主義、心情に基づいて「売らない」だけ。


廃棄しなくてはならない時の悔しい気持ちも自分の糧です。
僕にとっては目先の小さな現金よりも大切。

食うに困っても、これは変わらない事です。

カッコ良い事の様に聞こえるかもしれませんが、
経験もある中で、この様なミスは恥ずべき事で。

「難しかった」から失敗したのではなく、
大切なひとつひとつの作業に集中して「気を配り切れてなかった」のが原因。

材料を作ってる方々、貴重な電力、ガス、
ご注文主の料理屋さんに申し訳ないです。

僕は基本的に甘い人間なので、
コレを安く売ってさばけてしまうと、失敗を忘れ近いうちに又ミスする。
そして仕事が粗くなる。

頑固でやっかいな事の様にも聞こえるかもしれませんが、
すごく良いと思う事は、
自分がカッコえぇ〜って人と出会った時に、
多くを語らなくても、僕の内面をわかってもらえる事が多い事。

どの世界にも通ずる何かがあるのでしょうね。

制作上の信条って、生き方にも密接してると思う。

とにかく、
次は絶対にミスしない。

当り前の事だけど。



ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 20:59│
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード