2013年01月29日

オススメ映画


今年も80〜90本は映画観ようと思ってます。
(家でね) 

映画館も月イチぐらいは行きたいなぁー

先日、
レ・ミゼラブル」 が良かったのは紹介しましたが、
家で観たのでも良かった作品は紹介していこうかなと思います。

どーでも良いのとか、
くだらん映画は、
観た時間だけでも勿体ないので、ここで更に時間使ったりはやめときますね。

あと、ネタバレの無い様に心掛けますので、ご安心を。


今年は幸先良くて、
既に2本もオススメ出来ます。 

まず、
星の旅人たち

91Q8vUdF69L

簡単に言うと、
急死した息子の亡骸と共に聖地巡礼の旅をするオッチャンの物語です。

旅をしながら変化していく親父の心情、
仲間との出会い、語らい、
亡き息子を旅先で見つけ、心で会話する哀愁。

道中の景色がとても素晴らしくて、
ズルいなぁ〜とか思ってしまいますけど、
本当の聖地巡礼ルートなんだから納得です。

終着地、サンティアゴ・デ・コンポステーラの教会のシーンは素晴らしいです。

特別映像で語られていますが、
撮影日ギリギリで撮影許可がおりた事や、
それぞれのキャストがアドリブで演じたというエピソードも知っておかれると見応えあるかと思います。

主演のマーティン・シーンは「地獄の黙示録」で有名ですが、
今の方が味がある演技で好きです。
(個人的な思想では合わない部分も多いですが)

そして、
監督がエミリオ・エステベス。

僕ら世代は「ヤングガン」のビリー・ザ・キッド役でご存知の方も多いのでは?
ちなみに、マーティン・シーンは実の父ちゃんです。

もっと言うと、
弟はチャーリー・シーン。
僕ら世代は「プラトーン」とか「ウォール街」とか「メジャーリーグ」どれかで観てますよね? 

話は映画に戻って、
作品の内容とリンクして、親子で作り上げているところもグッときますよ。


そして、
ファミリー・ツリー

51tpmpw1WBL


久しぶりに奥さんと観たのですが、
二人ともお気に入りに追加された映画となりました。

地味な展開なんだけど、不思議と退屈しません。

テンポ良く話が進んでいくんだけど、
それぞれの心の動きがしっかり描かれてて、感情移入できます。

これ又、ハワイの景色がズルイ・・

自然豊かな土地の伝統と皮肉な巡り合わせ。
家族の絆。

簡単に言うと、
不慮の事故で意識が戻らなくなってしまった奥さんが浮気をしていた事を夫が知ってしまいます。
仕事に忙しく、子育てなんてしてこなかった男が難しい年頃の女の子二人を連れて共に過ごします。
奥さんが他界するまでの限られた時間の中で、
真実を知り、自分を見つめ、
家族を取り戻す男の話です。

「自然」と「家族」がリンクしていて、
破壊と再生の物語です。

いやぁ、、ジョージ・クルーニー。
「ラスト・ターゲット」の時は、もう・・どうしましょうか、、ってぐらいの内容で、中途半端な殺し屋役でガッカリしたのですが、

今回のダメな父ちゃん役、素晴らしくハマってました。
あんなにダンディでワイルドな役が多いのに、違和感無し。

やりはりますわ。

最後のシーン、良い感じですよ〜


そして、
特筆すべきところは、
長女役の シェイリーン・ウッドリー がめちゃめちゃベッピンさん。

Descendants3

まだ若い役者さんですが、
今後、活躍するの間違い無いですね。


あー、書くのしんどかった。(笑)


誰か一人でもコレを読んで観てくれたら嬉しいなぁ〜




ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 01:29│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード