2014年09月03日

真面目な話。

最近購入した、昭和時代の国産C/S。

DSC_4281

"どやっ、オシャレやろ!?"感の無いデザインで、落ち着きます。

奇をてらったデザインで気を引くのも良いですが、
こういう陶器を見ると、「器」として本来持つべき要素を再考させられます。

どの時代であっても ”落ち着く” というのは、それぞれのライフスタイルによって様々なので、
自分の生活の中で良いと思う事を取り入れていくのが一番説得力があるのかなと。

地味だけど、エキサイティングな「生活」の中に自分が制作するモノのヒントがあるんだろうな。

オサレな雑誌とか、スタイリッシュなカフェ、オシャンティな百貨店の中にヒントを求めても、
本当の意味では、自分の中に落としこめない気がします。

やはり「モノ作り」は「生き方」になってきますね。


ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 


studioenju at 13:33│
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード