2015年10月10日

思い出す会話

「狙うから、おもしろいんやで」
 

ちょっと野暮用で丹後方面へ。
 

久しぶりに大好きな大衆居酒屋(食堂)の暖簾をくぐってきました。

ここは、小学校に上がる前から父親に連れられ通ってた思い出の店。
 

知る人ぞ知る名店だったこの店も、
ネットが普及して週末は行列が出来るお店となっており、嬉しい様な寂しい様な。
 

このお店から徒歩数分で漁港があって、幼い頃から父親の横で釣り糸を垂らしていました。
 

小学生の頃から、ウキ下の長さ、棚の狙い所も自分でセットさせてた父。

餌をつついているウキの動きと掛かった時の動きも自分で見極めさせてくれてました。
 

ある雨の日、ボラの集団が回遊してきて入れ食い状態になった。

20cm近い魚がバンバン釣れるのです。
 

父親、弟としばし入れ食いを楽しみ、ボラは食しないので海に帰して、雨のボラ入れ食い祭は終了。
 

少し湿った服のまま、食堂へ入り若鶏の鉄板焼きをつまみながら親父が言いました。
「入れ食いは始めだけやろ、おもろいの。すぐに飽きてまう。狙った魚を組んだ仕掛けで釣るからおもろいんや」


そんな会話を30年ぐらいぶりに思い出し、若鶏の鉄板焼きをつついた。

今の仕事や人生観にも繋がる話。
 

他界しても、30年経って思い出す会話もある。

変わらない店内で変わらない鉄板、お運びのオバチャンを見ながら、

「場所」が果たす役割も大きいなと感じました。


ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju 



studioenju at 23:49│ Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード