瞳の奥の秘密 を含む記事

2012年11月25日

素晴らしい映画


なかなか劇場まで足を運べませんでしたが、
今年も多くの映画をDVDで鑑賞してきました。

必ず週に2本は観てるので、
月に8本、年だと90本以上になります。

まぁ、、
8割がハズレと言いますか、
皆さんにオススメする程の作品と出会えない訳ですが、

今年は1月早々に「瞳の奥の秘密」という大傑作と出会えまして、
それ以降は何があったけな・・(笑)



久しぶりに皆さんにオススメしたい作品を紹介させていただきます。

「SOMEWHERE」

91s-CVS3Y4L

ソフィア・コッポラ監督作品です。

「ロスト・イン・トランスレーション」

「マリー・アントワネット」も素晴らしかったですが、

この作品は群を抜いていると思います。


ソフィア・コッポラはご存知フランシス・コッポラ監督の娘なのですが、
実体験をもとに家族の絆、
与えられ失う事で知る、はかなく過ぎていく貴重な時間を丁寧に描いています。

多くを語るとネタバレにもなるのでやめておきますが、
しまりが無く、
だらしのない日々を送っている映画スター(父親)が、
離れて暮らす娘と束の間の時間を過ごし、
父親としての愛や男としての立ち位置を自覚していきます。

これが上手くて、
観ている側も途中ではその淋しさや孤独感も主人公の様にぼんやりとしてて気付かないんです。

意識的にか、コミカルにシニカルに描いているので。

娘との時間が経過していく中で切なくなってきます。


この映画も、
「瞳の奥の秘密」と同様にカメラワークや場面の色、台詞、
キャスティング、音楽すべてがとにかく丁寧で、
どの場面も美しかったです。

ごっつい賞もとってたんですね〜
知りませんでした。

本当に良い作品だったので、
DVD買おうかな〜とか思ってます。

奥さんも言うてます、
「気に入った映画はDVDで買っていったら?」

そうですね、
言うても、年に数本ですもんね。


「SOMEWHERE」
オススメします!



ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju

studioenju at 06:56|Permalink Clip to Evernote

2012年01月10日

傑作!


お葬式以来、毎日仕事してますが、
好きな映画(DVD)鑑賞は今年も積極的に。

年間 80本ぐらいは観てますが、
本当にオススメしたくなる映画って、年間2〜3本。

今年はいきなり「大当たり」に出会いました。 



2009年のアルゼンチン映画。

「瞳の奥の秘密」 
81wz9cRfG2L


面白くなさそうなタイトルですが、
とてつもない傑作でした。

当ブログを見ていただいている映画好きの方全員にオススメします。

内容は・・

まぁ、ともかく観てください! 

張り巡らせた伏線が進行とともに絡み合っていく様が、
これみよがしじゃなくて、さり気ないんですよ〜

そして、
特筆しておきたいのが、映像。

アングル、色調、カメラワーク・・
どれを取っても、とにかく美しいです。

どやって撮ってるの!?っていう凄いシーンもあります。


強く感じたのは、

「どのワンカットでも、
ポストカードにしたらカッコ良いと思えるぐらい美しい」



ちょっと重たい内容ですが、
ちゃんと救いもあって、退屈しないテンポの良さ。


多分ですけどね、
今年観る映画の中でベスト3には入ると思います。

だって、
なかなか無いですよ、こんな良い映画。

あ〜
フアン・ホセ・カンパネラ監督、大ファンになっちゃたな。


気になった方は、ぜひご覧ください。


良かったら、感想も聞かせてくださいね。





ー 人生はLive ー

京都の引き出物なら Studio Enju


studioenju at 22:37|Permalink Clip to Evernote
PROFILE
共通の話題は?
web、印刷物、ロゴ制作 ならオススメの京マグ
PERSONZ 結成30周年企画
オリジナル店舗暖簾の  ご注文なら 永野染色
素敵 磁器作家      高橋亜希さん
日本一の手作りハンコ
ROCKな仲間      ガラス工房 cullet
会津の素敵な漆工 吉田さん
沖縄在住の陶芸友達
センス抜群の花屋さん  谷川花店
絶品スイーツ       Nico*niCo*
石窯パンCafe つむぎさん
友達が経営する     マドリードのレストラン
友達が運営する バスフィッシング・マリーナ
JASKY        (弟たちのバンドです)
Kaiのオススメ商品
QRコード
QRコード